自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 専門家のコラム> 過払い金、いつまで請求できる?

専門家のコラム

過払い金、いつまで請求できる?
2011年05月19日(木) 参考になった(2028)

投稿者:小林 信之介(司法書士・行政書士)(司法書士法人リーガルハンズ)
コラム
 「過払い金を請求したいけど、借金をしていたのは数年前だし…」
 「数年前のことだから、請求できないに決まってる…」

 このようにお考えになって、過払い金の請求をあきらめていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?

 過払い金の返還請求のことは、法律用語でいうと「不当利得返還請求」といいます。
 この不当利得返還請求は、10年間で時効により消滅します。
 裏を返せば、過払い金の返還請求は、10年間以内のものであれば請求できるということでもあります。

 では、“いつから”の10年間なのでしょうか?
 この点について、2つの説で争いがありました。
 しかし、平成21年1月22日に、最高裁判所が「最後の取引が終了してから進行する」との判決を下しました。
 したがって、最後の取引が終了してから10年間は過払い金を請求することができます。

 最後の取引から10年間。
 結構長い期間だと思いませんか?
 あなたの過払い金は、まだ請求できるかもしれません。

 なお、過払い金は、消費者金融と取引があれば、必ず発生するわけではありません。
 消費者金融と長期間取引がある場合に、過払い金が発生している可能性があります。

 過払い金があるのではとお思いの方は、お早めに専門家までご相談ください。

参考になった 2028票

一覧に戻る

▲ページの上へ戻る