自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 専門家のコラム> 【番外編】運営スタッフのコラム『債務整理は怖くない!?』

専門家のコラム

【番外編】運営スタッフのコラム『債務整理は怖くない!?』
2011年05月09日(月) 参考になった(1343)

投稿者:運営スタッフ 岡田()
コラム
こんにちは。サイト運営スタッフの岡田です。

岩手・宮城・福島・茨城にお住まいの方は、今回の地震で直接的な被害を受け、お金にお困りの方も多いのではないかと思います。借金でお悩みの方は、弁護士・司法書士など専門家のいる法律事務所へ相談してくださいね。無料で相談に応じてくれる法律事務所が多数ありますので。

…とはいえ、法律事務所への相談をためらわれてしまう方も多いでしょう。その理由は、『債務整理をすると「ブラックリスト」に載ってしまうから困る』というものかと思います。

でも、実は「ブラックリスト」というリストは存在しないことをご存知ですか?

実際は存在しないのに、あたかもそのようなリストが存在するかのように言われている「ブラックリスト」について、ここで簡単に説明しておきます。

例えば、あなたがローンを組んだり、クレジットカードを作ったりしたとします。そうすると、あなたの情報は、他社での利用状況や過去に事故情報がないかを調査するために設けられた機関(=信用情報機関)に登録されます。もし返済が滞ったり、破産してしまった場合は、「事故情報」として信用情報機関に登録されてしまいます。これが俗に「ブラックリスト」と呼ばれていて、実際にはリストは存在しませんが、信用情報機関に「事故情報」が登録されている状況を“ブラックリストに載る”と表現されているのです。

話を元に戻すと、このブラックリストに載ることで『新たにお金を借りることができない』状況になるため、それを恐れて相談をためらわれる方が多いようです。

しかし、あらためてよく考えてみてください。

総量規制の導入以降、新たな借り入れもできずに、必死に返済を続けてる方が多くいらっしゃいますが、『新たにお金を借りることができない』のであれば、ある意味ブラックリストに載っているのと同じような状態です。

任意整理は5年間、自己破産は5〜10年間ブラックリストに記録されると言われていますが、ブラックリストに載って『新たにお金を借りることができない』としても、借金が減らなければ、同様に新たな借り入れも難しいのですから、思い切って債務整理をしてみてはいかがでしょうか?

例えば、あなたが年利18%で、50万円を借りているとしましょう。50万円にかかる1ヵ月の利息は、月7,500円ですね。仮に1ヵ月で全額返済できれば、利息は7,500円で済みますが、実際には1ヶ月で返済するのはかなり困難です。毎月1万円ずつ返済するとして、元金に充当されるのは、1万円−7,500円=2,500円。つまり、50万円分の2,500円でしかないのです。

元金が減らなくては、借金は減りません。この調子で毎月1万円ずつ返済を続けても、完済までに8年ほどかかりますし、実際には、多くの人が8年かかってもほとんど借金を減らすことができていない状況です。

ブラックリストに載ることを恐れ、債務整理をせずに、借金を返済し続けることは辛く厳しい道のりです。ブラックリストに載っても、戸籍には全く関係ありませんし、パスポートや運転免許も取得でき、日常生活に大きな支障はありません。新しい人生を踏み出したいと思っている方は、すぐに法律事務所へ相談することをおすすめ致します。

ちなみに、武富士のテレビCMでも広く知られることとなった『過払い金返還請求』について、まだ借金を完済していない人でも、任意整理で過払い金が発生している場合や、既に借金を完済した人の過払い金返還請求は、ブラックリストに載りませんので、ご安心ください。

参考になった 1343票

一覧に戻る

▲ページの上へ戻る