自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 専門家のコラム> 借金問題?うつ状態、不安神経症などからくる精神的問題?

専門家のコラム

借金問題?うつ状態、不安神経症などからくる精神的問題?
2011年05月06日(金) 参考になった(1169)

投稿者:杉本学(けやき司法書士事務所)
コラム
みなさん、こんにちは、ゴールデンウィークも最終日、皆さんはどのようにお過ごしになられていましたか?
最近の当事務所事情についてお話します。
最近、多くの方が債務整理方針を変更されています。
方針変更される方々に心の内を聞いてみました。
結果は、うつ状態や、不安神経症の方が圧倒的に多く、うつ状態等に陥って何年もたってから、当事務所へ来られる方が多いということがわかりました。
その結果、当事務所から心療内科へ紹介する方々が多くなっています。
多重債務問題を抱えながら、
・心が苦しいな
・心が疲れてきたな
・眠れない
・朝起きられなくなってきた
・自分は怠け者なのかな
・何もやる気がしない
・自分には責任感がないのかな
・耳鳴りがする
・トンネルの中に入っているような感じがする
・視界に単色フィルム(緑色等)をかけられたようにみえることが多くなってきた
・誰かが何かを話しかけてくるような気がする
・誰とも話をしたくない
・歩いていてもフワフワ、フラフラする
・死んでしまいたい等、マイナス心理
そんな気持ちになってしまって、どうしようもなくなってきた方は、債務整理をしながら、心理的不安要因を除き、心療内科へ相談されるのが一番いいのではないでしょうか。
当事務所でも、お話を何度か聞いた上で、精神的不安定な方は、私が信頼している心療内科医を紹介しています。
多重債務が元で精神面が不安定になるのか、精神面が不安定だから多重債務に陥ってしまうのか、どちらが先かはわかりませんが、借金は返済したいのに体が動かなくて、どうしようもないと思われている方は、一度、ゆっくりお話ができる事務所を探して、少しでも楽になられたらいいと思います。

参考になった 1169票

一覧に戻る

▲ページの上へ戻る