自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 専門家のコラム> 故人の過払い金返還請求

専門家のコラム

故人の過払い金返還請求
2010年12月13日(月) 参考になった(1293)

投稿者:鈴木敏弘(司法書士法人新宿事務所 債務整理相談センター)
コラム
親や配偶者が生前、借金をしていた場合、その借金には過払い金が発生していることがあります。
その場合、相続を受けたご子息や配偶者の方は、過払い金請求できるのでしょうか?

ズバリ、請求できます!

亡くなった方から相続される分については、原則相続人全員からのご依頼が必要であり、そうでなければ「依頼者が、その過払金の返還請求の権利を相続した」という、他の相続人全員の遺産分割協議書、除籍謄本や戸籍謄本などが必要になります。

死後に相続人の1人が支払い続けてきた部分については、弁済した相続人の申込が必要になります。

一方で、引き直し計算をしても債務が残ってしまうような場合には、相続を放棄すれば支払い義務はなくなります。
相続放棄は、原則相続のあったことを知ってから3ヶ月以内にしなければなりませんが、当該期間経過後に多額の負債が明らかになったような場合には、例外的に放棄が認められるケースもあります。
いずれにしても、被相続人の生前の債務について請求が来た、という場合は、ひょっとしたら支払う必要のないものかもしれませんので、すぐに支払ってしまう前に1度専門家にご相談下さい。

参考になった 1293票

一覧に戻る

▲ページの上へ戻る