自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 専門家のコラム> あなたは、総量規制該当者ですか?本当に確認しましたか?

専門家のコラム

あなたは、総量規制該当者ですか?本当に確認しましたか?
2010年04月30日(金) 参考になった(871)

投稿者:鈴木敏弘(司法書士法人新宿事務所 債務整理相談センター)
コラム
あなたは、総量規制該当者ですか?

株式会社NTTデータ経営研究所は、日本貸金業協会からの委託に基づき、貸金業登録業者を対象に「経営実態に関するアンケート調査」を、また、借入利用者を対象に「貸金業法改正の認知等に関するアンケート調査」を行いました。

消費者金融の借入利用者のうち約半数が総量規制該当者となり、その該当者の1割の人しか「内容も含めよく知っている」と回答していません。
もしかしたらあなたも、総量規制に該当し、今までどおり借り入れができなくなってしまうかもしれませんよ。今一度ご確認をしてみてください。

今回の目立ったアンケート結果をあげてみます。

Q.今までどおりの借り入れができなくなったらどうしますか?

総量規制該当者→「返済をあきらめて、自己破産・債務整理」(21%)
専業主婦→「アルバイト等により収入を増やす」(54%)「家族や親族から借りる」(28%)
個人事業主→「税金や公共料金の支払い繰り延べにより資金を捻出する」(16%)

収入を得るために、沢山働いて体を壊したり、お知り合いからお金を借りて人間関係が悪化するなど、様々な問題が降りかかってきてしまいそうなアンケート結果ですね。

その前に、一度法律家へご相談ください。
長年借り入れをなされている方は、過払い金が発生している場合もあります。
貸金業者と交渉して、支払いを待ってもらったり、将来利息をカットできる場合もあります。
情報を知らないことは損をする世の中となっております。我々法律家は、お客様に情報を提供し、親身な相談を行うことができます。

参考になった 871票

一覧に戻る

▲ページの上へ戻る